笠岡市教育研修所 運営計画


1.基本方針
 笠岡市の学校並びに幼稚園教育の推進充実を目的として,教職員が主体的に研修を行う。

(1)研究指定校(園)について
1)学校(園)の課題やニーズに基づき,児童生徒の具体的な変容を追求する研究を行う。
2)授業公開等研究発表の方法は各校(園)で工夫する。紙上発表も可とし,発表会を行うことを前提としない。なお,笠岡市教育研修所が指定する研究会を対象とし,国,県等が指定する研究指定の場合は別途考慮する。
3)発表会を行う場合は午後開催を原則とし,発表校以外は授業カットを行わない。
4)研究発表会についての伝達研修を行うなど,校(園)内研修の充実を図る。

(2)研修部会について
1)定例部会・特別部会・島しょ部会の3部会を設けて,所属する教職員が研修を行う。
2)研修を自主的に推進するため,研修部会参加は自主選択を原則とするが,学校(園)全体の指導力の向上を図ることも考慮して部会選択を行う。また,部会の人数に大きな差が生じないよう配慮し,必要に応じて調整する。
3)研修は授業研究等の実践的研究に重点をおいて行う。なお,自主的研修を進めるために,各部員が作業課題を設定して取り組むよう研究計画を立てる。

(3)講演会について
1)研修部員の人権教育に関わる専門的な認識を高めるため,人権教育講演会を行う。
 
2.研修部会の組織運営
(1)運営について
1)研修部会は1年計画で実施する。
2)総会は,年度当初に1回もち,必要があるときは別に定める。
3)部会ごとに,開催回数,開催日,開催時刻を決定する(総会で部会ごとに協議)。
4)各部会で必要に応じて研修日を設けることができる。
5)校内研修日を確保するため,研修所の行事・研修等はなるべく月曜日を除くようにする。
6)研修部会への参加に当たって授業カット等は行わないようにし,授業時数確保についても十分配慮して行う。
7)夏季休業中は定例部会,特別部会をそれぞれ1回以上実施する。開催日は原則として統一するが変更は可能とする。

(2)組織について
1)研修部会には顧問,委員長及び副委員長をおく。
2)定例部会と特別部会の顧問,委員長及び副委員長は,原則として1年間継続するものとする。
3)定例部会と特別部会は次の各研修部会とし,参加は1人それぞれ1領域を選択する。なお,所属は原則として1年間継続するものとする。
  小学校 中学校 小中合同 幼稚園
定例
部会
国語 社会 算数 理科
生活 音楽 図工 家庭
体育 外国語 
国語 社会 数学 理科
音楽 美術 保体 技術
家庭 英語
特別支援教育
学校事務
養護
幼稚園1
幼稚園2
特別
部会
人権教育 道徳
学級経営 生徒指導
図書館教育 情報教育
特別活動 総合的学習
人権教育 道徳
学級経営 生徒指導
図書館教育 情報教育
特別活動 総合的学習
 
人権教育
道徳
    
4)島しょ部会は小学校部会,中学校部会の2部会をおき,島しょ部の実態に基づき研修を推進する。そのため島しょ部研修企画委員会を設けて企画運営にあたる。
 
(3)総会について
1)総会の日程は午後からとし,できるだけ授業カットを行う必要がないように設定する。
2)定例部会,特別部会それぞれにおいて,研修計画等について協議する。
 
(4)その他
1)実技講習会,講演会,合同での研修等は必要に応じて行う。